医療用ウィッグのヘアドネーション情報サイト

>

ヘアドネーションを始める前の条件と注意点

日本でも、タレントが寄付したことで、今、話題のヘアドネーション。
まずは、ヘアドネーションを始める前の、条件について確認しましょう。
活動している団体によって異なりますが、ヘアドネーションに必要とする髪の毛の長さは、基本的にどの団体も31cm以上。
団体によっては15cm以上でOKという所もあります。短い髪の毛は、髪の毛付きニット帽に加工されます。
常に不足しているのが50cm以上の長さです。
加工されトリートメント処理されますので、カラー、白髪、くせ毛でも可能。
しかしながら、加工という過程を経るので、丈夫で健康的な毛髪を必要としています。
各々の団体の基準を、ヘアドネーションを始める前に確認しておきましょう。

様々なヘアドネーションのやり方

ヘアドネーションのやり方は3つ。

協賛サロンを使う
1.団体サイトや関連HPから協賛サロンを探す
2.協賛サロンにヘアドネーションを希望と伝え予約
3.サロンで髪をカット後、郵送してもらう

協賛サロンではない美容室を使う
1.ヘアドネーションを対応してもらえるか、事前に確認
2.美容師に必要な長さを説明
3.カット後、自宅に髪の毛を持ち帰り郵送

自宅でカットし郵送する
1.長さを決め、3~5に分けブロッキング、ゴムで結ぶ
2.カット
3.ブロッキングした各々の束を一つにまとめる
4.ドネーションカードまたはメモと一緒に郵送

自分でカットする場合は、郵送方法など、各団体サイトで詳細を確認しましょう!上手いので、サロンでのカットを推奨しています。


カットした後の髪の毛を寄付する!ヘアドネーションとは

この記事をシェアする