医療用ウィッグのヘアドネーション情報サイト

>

ヘアドネーションはいつ始まったの?

多数のメディアで取り上げられている、ヘアドネーション。
初めて日本でヘアドネーションを活動した「Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)」という団体は、2009年から活動を始めています。「ジャーダック」という呼び名で、その団体の活動に美容室が続々と賛同し、協賛サロンとして提携しています。
アメリカが発祥のヘアドネーションですが、こちらも歴史は浅く、1997年から。
「Locks of Love」という団体名で政府から認証を受け、始まりました。

「Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)」の活動について
寄付された髪の毛を医療用フルオーダーウィッグに加工し、無償の提供を行うNPO法人。


団体別の基準と提携協賛サロン

各団体へ寄付する髪の毛の条件と基準、提携しているヘアサロンについて、詳細を知りましょう。
どの団体も、引っ張ったらちぎれてしまうという程のダメージのある髪質は不可です。

「Japan Hair Donation & Charity(JHD&C)」通称ジャーダック
性別・年齢・国籍は問わず、長さは31cm以上。ブリーチ・カラー・パーマでも可能、くせ毛でもOK。
協賛サロン:全国で2,679店舗

つな髪
性別・年齢・国籍は問わず、長さは15cm以上~31cm以上。ブリーチでの退色は不可だが、カラー・パーマでも可能。
協賛サロン:全国で104店舗

HERO
長さは31cm以上。白髪・カラー・パーマでも可能。
協賛サロン:全国で54店舗


日本の各々の団体そして提携している協賛サロン

この記事をシェアする